喪主にふさわしいのは

喪主の決め方とは

花

柏原市で家族葬を執り行う場合、まずは喪主を決めなければいけません。家族葬は仏式で執り行われるケースがほとんどですので、喪主を決めるのがまず最初に行わなければいけない事に挙げられます。柏原市で家族葬を選択した場合、どのようにして喪主を決めるのがベストなのでしょうか。喪主は基本、どなたが行っても問題はありません。ですが、ある程度の決まり事があるので、それに則って喪主を決めるのが良いでしょう。亡くなった方に配偶者がいた場合は、その方が喪主を務めるのが基本です。残された配偶者の次に喪主としてふさわしいと、考えられているのが長男・次男と続きます。男性の子供がいなかった場合、長女や次女など女性が喪主を務めても構いません。柏原市などでは以前、お子さんが女性しかいなかった場合、その女性が結婚しているケースだと配偶者の方が喪主を務めるのが一般的でしたが、今では女性が喪主になっても問題は無いとされています。未成年の方のご両親が亡くなってしまった場合は、成人の近親者を後見人として喪主にするケースが多いようです。通常、家族葬では家族や親族のみが参列する事もあり、この中から喪主を決めるのが一般的となっています。他に喪主を決める方法として、お墓などを継ぐ方がふさわしいという、考え方もあるようです。お墓やお仏壇を守っていく方が、喪主になるケースもあります。柏原市でも増えている家族葬、家族や親族だけの小さなお葬式となるので、喪主選びでトラブルが起こるという事は少ないでしょう。ですが、よりスムーズに家族葬を執り行う為にも、喪主の決め方を知っておく事をおすすめします。

各プランが充実

男の人

柏原市は多くの葬儀社を利用できる地域であり、どなたも満足のいく葬儀を執り行うことができます。注目度が高まってきている家族葬も各社で実施しているので、どのような形態も望むことが可能です。家族葬でも内容の濃いプランが用意されており、各儀式をしっかりと執り行えるようになっています。葬儀では、湯灌や旅支度、納棺式など故人を新たな旅へと送り出す儀式も重要になってきます。ご遺体を清める湯灌や白装束、手甲、脚絆などの旅支度は旅立つ故人の大切な身支度となりますし、棺に納める納棺式も重要です。柏原市で家族葬を執り行う際にもこれらの儀式を望むことができるため、納得した葬儀を執り行えます。そして各社家族葬だけを見ても多彩なプランが用意されており、人数や内容、価格も様々です。柏原市でも、家族のみで行う10名以内のプランから、近しい親族も参加する30名程のプランまで選択肢が豊富に用意されています。各プラン内容に合わせて選択できるようになっており、もちろん湯灌や旅支度、納棺式も望めます。家族葬というとシンプルな葬儀を執り行うイメージがありますが、プランによっては司会や案内看板、飾り祭壇など依頼することが可能です。柏原市でもこれらの内容で依頼し、内容の濃い葬儀を執り行うことができます。旅支度や各種内容は担当する葬儀社に相談すれば適切なプランを提案してくれます。予算などもしっかり伝えて、全ての参列者が納得できる葬儀を用意していきましょう。

弔問時に気を付けること

棺

昔ながらの一般葬は家族や近親者、友人や仕事で関わった人など多くの参列者を招いてお別れを執り行うものでしたが、近年で良く利用される家族葬はそのあり方から異なっています。柏原で葬儀があることを聞けば参列するべきものと思われるかもしれませんが、相手方に失礼のないよう家族葬でのマナーを理解しておくことは大切です。家族葬は一般葬とは違い、遺族など内々で行う密葬に近い形態です。原則的には故人の家族や近親者のみで行い、遺族が望めば、ごく親しい間柄の友人や知人のみが参列します。家族葬の規模はそれぞれの解釈によって違いますが、柏原では少なければ10人未満、多くとも20〜30人程度なのでちょっとした関わりを持つような人が招かれることはありません。そのため、柏原で葬儀のことを知ったとしても、招かれない場合は無理に参列しないようにしましょう。家族葬に招かれた場合は、服装は通常の葬儀と同じように、男性ならスーツやネクタイを黒色に、女性なら黒色のワンピースやスーツを着用します。派手なアクセサリは失礼にあたるので、結婚指輪は別として何も付けずに赴くのが基本です。女性の場合はパールのネックレス程度に抑えておくようにしましょう。柏原で行われる家族葬の前の弔問時にはお悔やみの言葉を述べるのが基本ですが、自宅への訪問の場合は香典は持参しないのが一般的です。通常は枕花を持ち込むだけなのですが、通夜や葬儀に参列できない場合は香典を持参するようにしましょう。