業者選びをきちんとする

搬送のみでも大丈夫

フラワー

病院で亡くなられた方を柏原で家族葬にする場合には、必ず業者が病院にやってきます。病院の場合には早急に別の場所に搬送することを促されますが、必ずしも病院側が呼んだ業者に任せる必要はありません。とりあえず自宅までの搬送を依頼することにして、自宅に安置してから葬儀社選びをするということも可能です。業者によっては棺に入れて搬送することを強いられることもありますが、絶対にそうしなければならないという決まりはないので業者が正式決定するまでは断るようにしましょう。自宅で柏原の家族葬を探してみて、気に入ったところがあればそこにまず見積もり予約をしましょう。家族葬というのはすべての料金が込みで格安価格となっている場合も多く、そうした業者は病院指定の業者と比べても安いことが多いので、葬儀費用を抑えるのならば、とりあえずは故人のご遺体を自宅に搬送するという選択肢を選びましょう。柏原には様々な葬儀業者があり、故人との最期のひとときを過ごすのにふさわしい空間とサービスを提供してくれます。火葬のみのプランから、通夜告別式がしっかりと用意されてるプランまで様々ですから、予算などから決めるのも良いでしょう。柏原の家族葬業者と打ち合わせをする際には、必ず料金について確認を行い、不明な所がある場合には葬儀業者にきちんと説明を求めましょう。いらないサービスがある場合には断ることも大事なので、打ち合わせの際には遠慮なく質問をすると良いでしょう。

様々なプランがある

葬式

奈良県に隣接している柏原市には、柏原市斎場があります。柏原市斎場は火葬場を併設している、葬儀場となっており柏原市民が亡くなった場合は、ほとんどのケースで柏原市斎場で火葬を行うようです。火葬場が普及する前の日本では、土葬で故人を埋葬する事もあったようですが、今では火葬が義務付けられています。柏原市斎場では葬儀プランも用意されているので、一緒に検討してみるのも良いでしょう。葬儀プランには色々な種類がありますが、柏原市斎場では家族葬のプランが多く選ばれているようです。この斎場だけでなく、柏原市で営業を行っている葬儀社の多くが、家族葬プランを提供しています。柏原市で選ばれている葬儀社は、長年地元でサポートしてきた所が人気です。地元密着型の葬儀社は、その地域の風習に合わせたお葬式を執り行ってくれます。しっかりとしたお葬式を執り行えるという安心感がある事から、柏原市では地元密着型の葬儀社が選ばれているのでしょう。家族葬も地元の風習に則った形で、執り行う事が可能です。費用が安いというイメージの強い家族葬、きちんと故人を弔えるか心配に感じる方もいるかもしれません。家族葬であっても会場の広さに合わせ、祭壇を設置しお坊さんにお経を読んでもらえるなど、一般葬と同じ感覚でお葬式を執り行えます。葬儀場と火葬場が一緒になっている斎場を選べば、ご遺族がご高齢という場合も火葬場への移動する負担が無いので便利です。

気をつける点を把握する

数珠

最近では親族だけで行う家族葬が増え、柏原市でもこの家族葬をする人が多いようです。この柏原市での家族葬の通夜は参列したほうが良いのかと悩む人もいるのではないでしょうか。家族葬はあくまでも、身内だけで行う葬儀です。そのため、柏原市で子供の頃から親しかった友人が亡くなった場合であっても、通夜に参列しないことがマナーとされています。ただ、遺族から連絡があり、参列のお願いがあった場合には参列をするようにしましょう。通常、家族葬を行う場合には、この通夜や葬儀などの通知は行いません。そのため、もし通知があり、参列をお願いしているということは、遺族にとっては故人に良い供養となると思いお願いをしているということです。お願いがあった場合には家族葬でも参列するのがマナーです。家族葬では、通知をしないのが一般的ですが、故人の勤務先などには知らせる必要があります。勤務先の人にとっては知らせがあれば弔問の必要があると思ってしまいます。そのため、勤務先の連絡では、家族葬をするため弔問や香典などは必要ないとハッキリと伝えておくことが大切です。このことで職場の人に余計な気を遣わせる心配もありません。また、職場にこのような連絡があった場合には、上司や同僚であっても、参列しないのがマナーです。柏原市でも多くの人が利用する家族葬ですが、参列する人にも、喪主側にもマナーがあります。どちらの立場でも、相手のことを気遣った対応が必要になります。