自宅でも葬儀が行なえる

事前のチェックが大切

式場

柏原でも家族葬を行う人が増えてきています。家族葬のメリットは、参列者の応対に忙殺されずに故人とゆっくりお別れができること、葬儀にかかる費用を安く抑えることができることなどです。柏原でも家族葬を扱う業者は増えてきており、家族葬専門の業者も柏原で営業を行っています。柏原での認知度も高くなっているため選ぶ人も多いです。家族葬は参列者が基本的に家族や親族のみのため、必要となるスペースは広くありません。ですが、現在は集合住宅に住んでいる人も多いため、自宅以外のホールや葬儀場などで葬儀を行うことが多いです。ですが、自宅で葬儀を行うのは、住み慣れたところで送ってあげられるため故人の意思を尊重することにもなり、遺族も気が楽であることが多いです。集合住宅でも可能なこともあるので、まずは問い合わせて見ると良いでしょう。自宅で葬儀を行うのに必要なのは、遺体を安置するためのスペースと運ぶための通路です。家族葬ならば参列者はほとんどいないはずなので、参列者のスペースや駐車場はあまり気にしなくても良いでしょう。もし外部の参列者を多少なりとも呼ぶ場合はその点も考慮しなければなりません。その場合はホールなどの方が無難でしょう。遺体を安置するためのスペースとしては、六畳ほどあればよいとされています。また、集合住宅の場合、エレベーターや階段で遺体を運べるかもポイントです。狭いエレベーターでも棺桶は運べるようになっていることもあります。そうでなければ難しいこともあるので要確認です。

定番の言葉を覚えておこう

男性

全国的に核家族化が進んでいることや、あまり葬儀に費用をかけられないという家庭が増えてきています。そのため、柏原でも家族葬を選択する家庭が多くなってきています。家族葬というと、親族などの身内だけで少人数ということもあり、あまり葬儀のマナーを気にしなくていいと思われがちです。しかし、ある程度のことは事前に打ち合わせをしておきましょう。まず、柏原の葬儀会社を探すことになります。家族葬は葬儀会社によって費用が多少は異なるものです。比較する余裕があれば、少し時間をかけて調べてみましょう。それから、服装などのマナーに関しても家族で相談しておくと安心です。いくら家族だけといっても、葬儀は葬儀なので、喪服を用意することがマナーと言えます。子どもは学校の制服や黒っぽい衣服にしましょう。大人は喪服もしくは黒のスーツならおかしくありません。また、柏原に親戚も居るのなら、親戚まで家族葬に訪れることがあります。家族だけなら特にお悔やみの言葉を言うことはありません。しかし、親戚まで訪れるとなれば、マナーとしてお悔やみの言葉が必要になります。通常、お悔やみの言葉には定番の言葉があるので覚えておきましょう。この度はご愁傷様ですという言葉が、一般的な言葉として知られています。喪主やその家族と顔を合わせた時に言う言葉です。通常、葬儀の受付で香典を出す時に受付で言うものでもあります。このように、柏原で家族葬が行われる場合には、事前にある程度の葬儀マナーを調べておくと安心です。

費用を抑えた葬儀スタイル

花

最近のお葬式のトレンド、家族葬の葬儀は柏原でも多くの葬儀社が対応します。家族葬は自宅で執り行うお葬式といったイメージが強いですが、実際にはホールや寺院といった様々な施設を会場に執り行うことが出来ます。柏原では、葬儀社のホールやお寺の本堂で家族葬が執り行えますので、選択肢には恵まれています。お寺で行う家族葬は、基本的に仏式のスタイルが選択されます。従来のお葬式と同様に、通夜式や告別式には僧侶による読経が行われます。柏原のようにお寺の本堂が会場になると、家族葬でも盛大な雰囲気が出てきますが、こういった場でも通夜振る舞いや精進落としなどは、ごくごく控えめに整えられるのが家族葬のスタイルです。親しい親族や家族のみが出席する状況では、レストランや料理店に移動して銘々が自己負担で会食をする場合もあります。一般的な葬儀と家族葬との違いは、このような会食時のスタイルにも見られます。仏式で執り行われる葬儀では、僧侶に渡すお布施が必要です。お寺で行われる柏原の家族葬の場合は、お寺が提示する葬儀費用とは別に僧侶にお布施を渡すことになります。お寺が企画する家族葬でも、お布施に関しては別扱いです。その他、本堂の使用料もプランに含まれていないことがありますので、料金体系は意外に複雑です。一見安く見える家族葬も、見えない所に色々な費用が発生する場合があり、予算を組む時には葬儀のイメージを膨らませて正確な費用を把握します。